村祭り訪問記(秋-その1): おじゃまします!

e0320430_6331470.jpg

知らない土地の村祭りに顔を出すのは、なかなか気が引けるかもしれません。ただでさえ目立ちますから、「おや?」と思われちゃうかも?? いえいえ、「好きだからおじゃましました!」と言う気持ちは、熱心に写真を撮ったり、端々から伝わるでしょう。さぁ、笑顔で突撃です!「きのうは思い立って、お隣アオスタ州境まで旅してきました。ぶどう畑のなだらかな丘陵広がるAstiから、電車を乗り継ぎ3時間。ピエモンテ州も広いですから、そこはもう岩山迫る別世界。ぶどうの栽培方法も大きく異なる、おもしろい地域です。前菜からデザートまでラリー形式で食事を楽しみながら、特別に解放された10軒ほどの個人宅カンティーナ(ワイン貯蔵庫)を巡り、ソムリエからワインをいただく趣向です。私も人波を追い、一緒になって夜のぶどう畑や村の中心をめぐりました。Astiからはミラノやトリノなど国際空港をはじめ、海へも山へもアクセスバツグン!(前後泊するのなら)大きな荷物をホテルに預け、リュック一つで日帰り・一泊旅行も楽しめます。2月から通い始めた観光の講座も、いよいよ修了試験を残すのみ。おかげさまで、良い気分転換になりました!
[PR]

by lavitaelevitiasti | 2013-09-30 06:44 | 周辺旅情報(記述日現在)  

<< ぶどう畑の記憶と経験 なぞの楽器の正体は! >>