週末 またまた Carema を訪ねて!

e0320430_07210046.jpg
【写真】 見上げると、子猫 スタコラ 屋根の上

コスティリオーレを朝7時に出発し、トリノから長距離路線バスで Pont St. Martinへ。そこからピストン輸送の路線バスに乗り換え、豚のラード祭りの開かれるArnadを訪ねました。

★2014年度の模様は、こちらのブログから。
http://lavitaasti.exblog.jp/22356372/

暑い陽射しの戻って来たこの週末、木陰のテーブルで郷土料理と地ワインを満喫!
再び路線バスに乗り、蔓棚式ぶどう栽培が行われているCaremaへGO!


e0320430_07263827.jpg


日本の棚田や段々畑を思い起こさせる、テラス状のぶどう畑。強い日差しが渓谷を照らし、心地好い風が渡ります。ここアオスタ渓谷にも暑い夏が訪れた、2015年。Caremaの畑でも、ぶどうの成熟が進んでいました。この調子であれば、昨年に比べ1か月ほど早い収穫が予想されるそう。

すべては自然の恵み、天候次第・・ ここならではの環境・気候を訪ねて実感しています。


e0320430_07340852.jpg


ひと区画が小さく、地域の大半の栽培家は収穫後のぶどうを生産者組合のカンティーナに持ち寄り醸造する、Carema。一部を自家消費用に宛て、家庭で醸造する人たちも。

ここCaremaでは、家庭の醸造施設を一般公開するサグラ(村祭り)があります。

★以前のブログでも少し触れていますので、ご参考まで。
http://lavitaasti.exblog.jp/21135418/
★Caremaのホームページより、2015年の村祭りプログラム。
http://www.comune.carema.to.it/


e0320430_07482376.jpg

9月のサグラ、収穫時季と重なるかもしれない! また戻って来るよ、と Carema を後にし、Pont St. Martinへ。渓谷に降り注ぐ光に映える草花が、いつもの宿をさらに彩っていました。

この辺り一帯は、帰りたくなる場所。また会いたくなる人たちがいる、そういった心地好い場所なのです。


e0320430_06091760.jpg

昼間ラードの祭りに出かけ、夜もレストランでサラミ類の盛り合わせを頼んでしまった! 
そしてアオスタ州の地ワインと合わせ、ここならではの栗のハチミツ掛けを味わう

このハチミツもまた「栗の花」から採取されたもの。栗の実の甘さが増して、サラミ類の塩気との組み合わせ、これまた お・い・し・いー!

さまざまな出会いに、ARIGATO! そんな楽しい旅が、ここにはあります。

[PR]

by lavitaelevitiasti | 2015-08-29 20:56 | 周辺旅情報(記述日現在)  

<< 2015 ぶどうの収穫、始まり... 季節のフリ・フリ・フリット! >>