<   2014年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

Serendipita' ! -すばらしい夜、つづいてく日々

人生には、思い描いていた以上の日々が訪れる・・ そんな思いをつづった日記が、ここにあります。 http://lavitaasti.exblog.jp/21306655/

大好きな友だちが忙しい合間を縫って、1冊(実際は2巻組)の本を紹介してくれたのは、今年の初め。そこには、まさに私が知りたいと願っていたことが、隈無く調べて書かれていました。

e0320430_04274795.jpg

30年前に書かれたその本は、一般流通しておらず、アスティの限られた人の元へ届けられたものだと分かりました。記録用にと、図書館には「閉架図書」として保存され、改装工事前の図書館でなんとか2巻に目を通して、夏を迎えました。

発行元の商工会議所に、その本は残っていないといいます。私の知り合いで確かにこの本を所有しているのは、この本を紹介してくれた友だちだけですが、忙しい彼を呼び止められないまま、図書館の移転再開は決まらず・・ 11月を迎えました。

著者は、ソルボンヌ・ヌーヴェル パリ第3大学の教授であり、アスティ周辺の「ぶどう栽培環境」についてイタリア語で書かれた500ページにわたるものです。

まず、「閉架図書」であったこの本との出会いは、友だちの紹介が無ければ知る由もなかったでしょう。なぜなら、私はまだワイン業界の者でもなんでもない、アスティ郊外のぶどう畑広がる丘の愛好家に過ぎないからです。

しかし「好き」も高じると、それを更に高める強さが生まれ、周囲を惹きつけ、追い風が吹くことに気付きました。

なにより、この本との出会いを生んでくれた、この大好きな友だちとの出会いがすべての始まり。この土地に根差して生きる彼ら家族との出会いもまた、偶然にも強く引き寄せられたこの地との出会いから。

・・・

この本について探し、調べまわり、まさにこの本の訓えに導かれた、まさに今年。この教授が、30年ぶりにアスティで講演会を開くと言います。
この大事な大事な情報は、ふだんから目にしている新聞のアスティ県版から得たものですが、この記事との出会いもアスティでの私の日常が引き寄せた「必然」のような、Selendipita' (selendipity)!

幸いにも、一般公開されたこの講演会。会場は、友だちも勤めていたワイン醸造学研究試験場。ぶどう栽培・ワイン醸造の盛んなイタリアにおいても重要な位置を占めるアスティに、1872年に置かれた機関です。

この地に受け入れてもらって間もなく、友だちに連れて来てもらった日以来の訪問です。
あの日・・「待っていなさい」と、所用でパソコンに向かう友だちを待ちながら、目の前の机にあった雑誌に手を伸ばしました。そこには友だちの論文があり、あまりに面白く、手放すのを惜しそうにしていた私に気付いた友だちは、「持って帰っていいよ、つづきは家で読みなさい」と借してくれたのです。これがまさに私の人生を「彼のぶどう畑へと向かわせる」大きな後押しとなったのです。寝ても覚めても、何度も読むほど夢中になって、何か月もの間ベッドで一緒に眠るほどでした。

アスティの重要人物のあいさつがつづくなか、私は友だちの到着を待っていました。約束はしていませんでしたが、ここに来るだろうと思えてならなかったからです。教授とその著書の紹介の段になり、司会者は「えー・・ この本を語るのに、欠かせない彼の姿がまだ見えないようですが・・」と、彼の到着を待つ人は他にも多くいたのです。

教授の流暢なイタリア語での講演。それが分かるのには、ひとつにイタリア語を熱心に勉強してきたことがあります。また、アスティでの日常生活や、ぶどう畑、土地の人々との会話、観光事業の講座を通して、さまざまな土地のことを理解してきたことが大変役立ちました。

そんなことを思いながら熱心にメモを取り、また振り返ると、うれしそうに講演を聴く、友だちの姿が見えました。いや、実際には、人垣の間から顔をのぞかせていたのです。

おそらく、この講演会の主賓のひとりとも言える友だちですが、決して自分から前へ前へ・・ と言うタイプではありません。古い友人との再会を、うれしそうに遠くから見守って、聴き入っているのでした。

じゃましたら悪いな・・と言う思いと、忙しい友だちですから、途中で帰ってしまうかもしれない! そんな思いもあって、席を立って彼の元に駆け寄ります。

「まさえも来てたのか!」 ・・ そう言って、喜ぶ友だち。「だって、とってもおもしろいんだもん!」「そうだろう、すばらしい人だよ!」まだ講演は始まったばかり。「またあとでね!」と席に戻りました。

「観光事業とは、さて、いったい何なのでしょう? ・・ 観光事業とは、家に持って帰れないものです。 ・・ つまりは、人がここにやって来なければ楽しむことのできないもの、どこかに持ってはいけない土地の素晴らしさを、この地に訪ねてもらって楽しんでもらうことなのです」

当たり前のことを、ことばにしてもらうことで、とても心がすっきりしました。それだけではありません、涙が出るほどです。

言い換えれば、「まさえは、なぜ当てもないのにアスティに残って踏ん張っているのか? なぜ10年前に初めて訪ねてひと目ぼれしたこの土地を、今も寝ても覚めても想っているのか? それは、アスティの土地の良さを、この地を訪ねてもらってみんなに知ってもらいたいから!この地で土地の人と共に、旅行者を受け入れて行きたいから!」

ねぇ、そうでしょう!

講演中、教授は何度か「コスティリオーレ・ド・アスティ」の地名を挙げました。アスティ県内108ある市町村のなかから、なせ「コスティリオーレ」だったのでしょう?気に留める人はいなかったかもしれませんが、それは、執筆をサポートした私の友だちの暮らす場所。

あそこからの風景を、教授は思い浮べたのでしょう。
友だちの家の暮らしを、むかしながらの「ぶどう栽培農家の暮らし」を知りたいと願う私に、真っ先に教授の著書を進めてくれた、友だちです。

講演の後、人の波をゆっくりと逆行し、教授の元へ向かう友だちの姿がありました。一方教授は写真撮影やインタビューに囲まれ、少し時間が掛かりそうでした。

「とっても良い講演だったね!」と、友だちに声を掛け、しばらくおしゃべり。

それから教授とようやく再開できた友だちが、うれしそうに話す姿を見て、私もとても嬉しくなりました。

勇気を出して、地元の新聞カメラマンに撮影をお願いしました。いつも「タヤリン!」と町で声を掛けてくれる、カメラマンさんです。

教授と友だちは、ちょっとびっくりしたかもしれないけれど、終始うれしそうな、友だちの笑顔。今夜アスティで訪れた再会と出会いに感謝!

「あなたはワイン関係の人なの?」との教授からの質問に、「いいえ、アスティの丘が好きで、彼(友だち)のぶどう畑をよく訪ねているんです!」そう素直に答えると、教授の表情がパッと明るくなりました。

さぁ、ますますアスティがおもしろくなってきました! GRAZIE MILLE !!!

[PR]

by lavitaelevitiasti | 2014-11-24 21:53 | 土地柄・人柄  

あーっ、サンタさんだー!

★アスティから、ぶどう畑をめぐる旅「Make You Smile Asti」は、こちら!
http://makeyousmileasti.wordpress.com/

「サンタクロースの私としては、この時季がもっともいそがしいんだよ!」と言って、近所のサンタさんがクリスマス村に連れて行ってくれました。

e0320430_06323571.jpg
【写真】自慢のひげが、あたたかそう!サンタさんは、おしゃれなのです!

きょうは「集会」があると聞いてはいましたが、まさか、まさか、の、サンタクロース大運動会!対するは、近郊からやって来た「ハーレー・ダビッドソン愛好家」・・って、どういう組み合わせ!?

e0320430_06444362.jpg
【写真】新米サンタは、わりとカジュアル。この後、彼らは大健闘です!

クリスマスツリーをはじめ、キリスト生誕の物語を再現した模型「プレゼーピオ」、さまざまな飾りつけ、クリスマス市や屋台料理などの店が並ぶクリスマス村。

サンタさんの家に入ると、机の上には、こどもたちから届いた手紙がありました。

e0320430_06491922.jpg
【写真】あなたは、わたしの最高の友だち・・と書かれています。ステキ!

「あーっ、サンタさんだー!」と駆け寄ってくる、こどもたち。サンタさんはプレゼントの詰まった大きな袋から、すかさずキャンディーを差し出します。

「お名前は? サンタさんに何をお願いしたいの? パパやママの言うことを聞いて、おりこうさんにしてたら届けに行くよ、約束だよ!」

サンタさんは、色んな役目を果たしているんですねぇ!

e0320430_07094546.jpg
この場を訪れることがむずかしい子供たちのために・・ 会場では、トリノにある小児科病棟へ届ける「新しい」おもちゃの受け付けも行っています。

クリスマス村は、期間限定で土曜・日曜のみ。くわしくは、こちらから。
※音楽が流れます!  http://www.villaggiobabbonatale.it/

[PR]

by lavitaelevitiasti | 2014-11-23 23:02 | 土地柄・人柄  

My 「バーニャ・カウダ」カレンダー!

★アスティから、ぶどう畑をめぐる旅「Make You Smile Asti」は、こちら!
http://makeyousmileasti.wordpress.com/

e0320430_06012331.jpg

先週末に引き続き、この日曜は「バーニャ・カウダ」を楽しんで来ました!

【写真】バーニャ・カウダおじさん(?)と、1年ぶりの再会です!

訪れたのは、ニッツァ・モンフェッラート。ここはバーニャ・カウダに欠かせない、「カルド・ゴッボ」の産地!

アスティの友だちも、シーズン開幕!とばかりに、楽しみにやって来たと言います。

e0320430_06054803.jpg
山と用意された野菜類は、生と温野菜の2種類。日本の「鍋」感覚で、好みの具材を好みのタイミングで頂ける、楽しさもがあります!

e0320430_06073773.jpg
振り向けば、こんなに多くの人がバーニャ・カウダを待ちわびていました!

白・赤ワイン、生牛肉のたたき「カルネ・クルーダ」をはじめ3種の前菜を済ませ、みんな準備万端!

e0320430_06140387.jpg
待ってましたー! 主役の登場、ニンニクとアンチョビを溶かし込んだ、アツアツのオリーブオイル・ソース、バーニャ・カウダ。

冬のピエモンテ野菜が、合う!合う! ・・ もう、止まりません!
長く厳しいピエモンテの冬。体も合ったまって、カゼ知らずの郷土料理!

「ねぇ、来週の日曜、うちに来ない?バーニャ・カウダやるから」

・・えっ?

バーニャ・カウダを食べながら、次のバーニャ・カウダにさそわれるなんて!

「いいねぇ!」

私はもう、半分以上「ピエモンテーゼ(ピエモンテの人)」なんでしょう!


[PR]

by lavitaelevitiasti | 2014-11-16 22:46 | 食のイベント - Le sagre!  

ぶどう畑の休日【アスティから、ぶどう畑の丘をめぐる4日間】

ぶどう畑の休日 【アスティから、ぶどう畑の丘をめぐる4日間】

イタリア旅行に、アスティ訪問をプラスしてみませんか! 日本語アシスタントが同行します!
ぶどう畑広がる丘を越え、美しい景色に囲まれた小さな宿へ。マンマの料理教室、ワイナリーやチーズ・サラミ工房など、土地に息づく人々の暮らしや食文化に触れる旅。

【写真】 おだやかな秋の日差し、ぶどうの紅葉・黄葉が輝きます。
Grazie al Sig. Franco Bello Fotografie.

e0320430_23335614.jpg

運転手つきハイヤーサービス利用、日本語アシスタントが同行します!
ミラノまたはトリノなとピエモンテ州近郊と、アスティ間の送迎も。


お申し込み・お問い合わせは、こちらから!
http://makeyousmileasti.wordpress.com/


[PR]

by lavitaelevitiasti | 2014-11-10 17:54 | ★アスティ満喫・旅カタログ★  

うれしい招待!

アスティで開かれた「ピエモンテ牛の飼育家を対象としたイベント」に連れて行ってもらったのは、この8月のこと。牛舎を訪れあれこれ学んだ後、新鮮な牛肉を様々な調理法で美味しくいただく・・ つまりは「上質の食肉牛に育てるには適切な環境や設備が必要なんですよ、牛の大切な命を預かっているんですよ」と言う、この仕事の様々な場面に立ち合わせていただく貴重な機会。


e0320430_06123050.jpg

【写真】住居+干し草置場+家畜小屋の一緒になった、昔ながらの農家「カシーナ」

その時の食卓で向かいあった獣医さんから先週になって連絡をいただき、お隣クーネオ県での(またまた)ピエモンテ牛のイベントへお誘いいただいたのでした・・が、急展開!ぶどう栽培を営むご実家に招かれ、毎年恒例の「納会兼大昼食会」に参加させてもらいました。


e0320430_07061627.jpg

【写真】あっ、トウモロコシ!細かい演出がなんとも言えない、かつてのカシーナを再現。

干し草置場の下・・かつての家畜小屋だったところに、長テーブルが並べられ、ぶどう栽培などを手伝う作業員や親せき、友人、ご近所さんら、総勢50人ほどを招いての大宴会。ぶどうの収穫を終え、醸造作業がひと段落したところで、毎年恒例のイベントなんだそう。そこに知り合って間もない私を招待してくださったのですから、本当にありがたいことです!


e0320430_07120828.jpg

【写真】この日の主役、グリニョリーノとバルベーラ。いずれもこの地域土着の黒ぶどう品種から生まれるワインが、どーんと各テーブルに鎮座!

奥の部屋では薪窯でフォッカッチャが焼かれ、大鍋の中でオリーブオイルと大量のアンチョビーとニンニクが溶け合っていました!そう、メインディッシュは「バーニャ・カウダ」。ピエモンテ州の、冬の郷土料理です!


e0320430_07225114.jpg

【写真】無事の収穫に感謝をこめ、一家総出で客をもてなす・・ 大変なことです!みなさん本当に働き者!

大量のパン、山積みの野菜、大鍋からゆであげられる肉類、そして客が持ち寄った様々な菓子類・・ 誰が仕切る訳でもなく、バランスよく、すべてが適宜に、適度なタイミングで事が進む・・ これぞ、イタリアン・マジック!


e0320430_07341694.jpg

【写真】 日本の旅館や宴会の席を思わせる、「バーニャ・カウダ」に欠かせないキャンドル式ひとり鍋。

カルド・ゴッボ、キャベツ、トピナンブールと言った生野菜グループと、ジャガイモ、ニンジン、バルバ・ビエートラと言った温野菜グループ。どちらも鍋で温まるアンチョビー&ニンニク入りオリーブオイルソースにくぐらせ、アツアツのところをいただきます。

13時に始まった宴は、バーニャ・カウダ」を称えるピエモンテ歌謡で幕を下ろし、気付けば帰宅は19時でした! 貴重な体験、みなさん、どうもありがとうございました!

[PR]

by lavitaelevitiasti | 2014-11-09 23:24 | 土地柄・人柄  

アスティ週末ツアー【 ワイナリーでマンマの料理を楽しもう!】

【 アスティ最寄りのワイナリーで、マンマの料理と各種ワインを楽しもう  】

レンガ色が美しい中世の町、アスティ。駅から5分ほど歩けば、そこはもう旧市街。地上40メートル、ピエモンテ州最古の釣鐘塔に登れば、遠くアルプスの山並みまで見渡せます。

市内から車で約15分のワイナリーを訪問。ぶどう畑の間を抜けて醸造施設を見学、各種ワインを郷土料理と楽しみませんか!日本語アシスタントが同行します!

【写真】 春のぶどう畑。ヘーゼルナッツや果樹に囲まれたワイナリーと、カラフルな養蜂箱。
e0320430_01213615.jpg
★日本語アシスタントが同行します。 
お申し込み・お問い合わせは、こちらから!
http://makeyousmileasti.wordpress.com/


[PR]

by lavitaelevitiasti | 2014-11-05 01:18 | ★アスティ満喫・旅カタログ★  

アスティ満喫【市場でカンパイ&お菓子工房訪問!】

アスティを満喫 【市場でカンパイ&お菓子工房訪問!】 


レンガ色が美しい中世の町、アスティ。駅から5分ほど歩けば、そこはもう旧市街。

【写真】 アスティ中心部、空からの眺め。写真奥には、うっすらとアルプスの山並みまで Grazie al Sig. Franco Bello Fotografie.


e0320430_07254721.jpg

<行程 > 
【午前】
: 市場めぐりやアペリティーボ(食前酒)、旧市街散策 (9時頃~)

【昼食】 をはさんで (12時半 ~ 2時半頃) 

【PM】: お菓子工房を見学&試食、つづれ織り工房兼美術館を見学 (~18時頃)


    060.gifアスティの歴史と日常に触れる、ゆったり街歩き!

    060.gif アスティの台所: 市場を訪ねて、サラミやチーズと地ワイン・ティスティング!
    060.gif長く一つ星を守って来た、家庭的な老舗レストランで昼食はいかがですか?
    (ベジタリアン向けや、カジュアルなメニューのお店も紹介できます)

    060.gif 甘い香りに包まれ、お菓子工房訪問。試食と一緒に、デザートワインを!

      060.gif 原画に合わせて糸を染色、ひと目ひと目手織りの「つづれ織り」技術を間近に見学!

        ★日本語アシスタントが同行します。 
        お申し込み・お問い合わせは、こちらから!
        http://makeyousmileasti.wordpress.com/


        [PR]

        by lavitaelevitiasti | 2014-11-02 20:59 | ★アスティ満喫・旅カタログ★  

        村祭り訪問記(秋-その5):おじゃまします!BARBERA - il gusto di Territorio

        「君が来るのも、もう恒例だね!」 ・・ 今週末コスティリオーレ・ド・アスティで始まった赤ワイン「バルベーラ」のお祭りに通うのも、今年で4年目!公立カンティーナの館長が、「よぉっ!」ってな具合で、元気に声を掛けてくれました。

        【写真】会場付近では、来場者を迎える大切な準備をしていました。ごくろうさまです!


        e0320430_07252010.jpg


        【写真】このおだやかなこの光景からはまったく想像もできないほど、地下の公立カンティーナは熱く盛り上がっていました。



        e0320430_06240123.jpg


        同じぶどう品種「バルベーラ」だけで、130を超える銘柄が並んだ祭り会場。それぞれ色も香りも味わいも異なり、同じ畑でも生まれた年によって異なるのですから、本当にワインておもしろいですね!

        【写真】グラスに注がれたワインの跡・・ 色合いや濃淡のバリエーションが、こんなに!



        e0320430_08160809.jpg


        今年はコスティリオーレ城内にあるイタリア料理研修機関「ICIF」のカンティーナを会場に、「ALTA LANGA(アルタランガ)D.O.C.G.」ワインの講座も開かれました。このワインは、コスティリオーレ・ド・アスティ以南の丘陵地で栽培されるシャルドネ、ピノ・ネーロ品種のぶどうから生まれる、発泡性の白・ロゼワインのこと。泡立ちを活かす専用グラスのデザイン=【写真】=は、車のデザインでも知られるGiugiaroさんによるもの。



        e0320430_08015602.jpg


        【写真】講師を務めたのは、私の恩師でもあるジャンニさん。母校で講義を受けるのは、まさに10年ぶり!「食とワインの関係性」を再確認する、良い機会となりました。 Grazie, Gianni san!



        e0320430_07315805.jpg


        【写真】は、郷土菓子「ブネッ」。お代わりしたくなる、美味しさです!
        ワインのお祭りは、各日8ユーロ(グラス代込)で当日の閉館まで出入り自由。
        食事に出ることもできますが、多くの来場者は隣接する臨時食堂で、地域のボランティアが振る舞う郷土料理を楽しみました。コスティリオーレの「タイアリン」(卵黄を多く練り込んだ細麺パスタ)は、ほんとうに絶品。きのうも今日も食べたくなる、そんな優しい味わです!


        [PR]

        by lavitaelevitiasti | 2014-11-01 21:04 | 食のイベント - Le sagre!