ワインに、その年の日差しを感じる

その年の日差し、そして降雨など。ボトルに詰められ、いずれ食卓にのぼりグラスに注がれるワインには、その年の記録が収められているとも言えます。しかしボトルに移されてなお、ワインは変化をつづけると言いますので、同じ畑・同じ種類・そして同じ年のワインであっても、まったく同じ印象を受けることはないでしょう。
[PR]

by lavitaelevitiasti | 2013-04-06 06:55 | 土地柄・人柄  

<< 新鮮市場がもりだくさん! ぶどうの実、皮や果汁がワインになる >>