地産地消は、この地でも

ワイン用ぶどう栽培の盛んなイタリアでは、1年を通じて各地で試飲会などのイベントが多く開かれます。醸造したワインを販売する人に限らず、自家製ワインを家庭で消費する人も多いので、まさにこの国の文化!とりわけピエモンテでは栽培から醸造、そして販売までを家族で手掛ける小規模生産者が多く見受けられ、親から子、子から孫へ‥とつづく、大きな大きな贈り物である伝承文化なのです。町の酒屋やレストランに卸(おろ)さなくとも。海外に販売ルートを拡大しなくとも。ネット直販などを整備しなくとも。一番の個客は近隣の各家庭だったりする!そう、気に入ればそれだけ購入し消費する、生活が文化と直結した基礎がこの国にはあるのです。そんなとっておきのワインとの出会いも、楽しみですね!
[PR]

by lavitaelevitiasti | 2013-04-30 05:50 | 土地柄・人柄  

<< 髪を切りに出かけよう! ようこそ、肉のピエモンテ! >>