ひさかたの 光りのどけき 春の日に

びっくりするほど冷え込んだ昨日でしたが、きょうはカラッと強い陽射しの青空が晴れ渡り、トリノから友人を迎えてCostigliole d'Astiの産ワインの祭典「100% Costigliole」に向かいました。Isola d'Astiを過ぎたあたりからグングンと勾配が上がり、遠くに雪を冠ったアルプスが手に取るようにクッキリと見渡せ、景色は次第に美しいぶどう畑の中へと入って行きます。お城の下に広がる旧市街は迷路のようで、行く先々でネコと出くわしたり、修道女さんから道をおそわったり、思いがけず発見の多い散策になりました!小さな町ですので、お祭りの運営はボランティアが大半です。副市長さんも受付を担ったり、密なコミュニケーションが大変心地好い手作りのお祭りでした。それからAstiへと戻って自然派ワインのお祭り「Vinissage」へ。幸いにも会場を後にしようとしていた生産者さんから最後の一杯をいただき、しばしおしゃべりを楽しんだり、めずらしいぶどう品種のワインや、むかしながらの甕(かめ)で発酵・熟成したワインなどが並び、これまた発見が多く、実に楽しい一日でした!このようにワイン生産者さんらと直に親しめる、楽しいイベントの続くAsti周辺です!
[PR]

by lavitaelevitiasti | 2013-05-27 04:08 | 食のイベント - Le sagre!  

<< La Nuova Provincia Italianista ! >>