ワインの祭りが、つなぐ縁

先日のお礼を兼ね、メッセージと折り鶴を手に写真屋さんへと出かけました。イタリアに移り住んで16年になると言うご夫婦の営むお店には、ひっきりなしにお客さんが訪ねて来ます。地域との深いつながりは、新聞社「La Nuova Provincia」の専属カメラマンを担っているとのことからも伺えるでしょう。「これを新聞社さんに渡してください」とメッセージをお願いすると、「だったらこれから一緒に行こう!」と編集室へ連れて行ってくれました。何度も前を通ったことのある、ものすごく大きな扉の歴史ある建物。まさか、その扉の向こうに入る日が来るなんて!「このコが写真の、Astiで観光と語学を学ぶgiaponeggina(ちっちゃな日本人)です!」と紹介していただくと、みなさん和やかに迎えてくれて、編集長さんもうれしそうに鶴を手に取ってくれたので、またまたうれしくなりました!また、当日会場でていねいに説明してくださった生産者屋さんたちへもお礼のメッセージを送ったところから、さっそく返事をくださって、なかには「新聞見たよ!」とおしえてくれる人まで。今度は畑に、彼らを訪ねるのが楽しみです!
[PR]

by lavitaelevitiasti | 2013-06-01 03:12 | 土地柄・人柄  

<< 明日の予定を話してみたら・・ La Nuova Provincia >>