先を見越して作業する

Asti中心に暮らす学生の私にとって、天気予報は服装選びの基準です。しかし海や畑に従事する人にって、寒暖の変化や降雨の予報は、生活‥それも1年越しの生活を左右する、とても重要なできごと。学校と図書館、その上アパートでも "論文三昧" な今日この頃。ちょっと朝早いかな‥とも思いましたが、友だちに「きょう、ぶどう畑に言っていいかな?」と電話をすると、「もうすぐ天気が崩れる予報だから、今日はちょっと忙しい。ゆっくりかまってあげることができないんだ、どこにいるかは約束できないよ‥」事情は良く理解できるので、会えたらラッキー♪ しかし(ちょっと大げさのようですが)「書を捨て、ぶどう畑に出よう!」と訪ねると、幸いにもその真ん中で会うことができました!降雨後に予測される、気温上昇からのカビの発生‥を防ぐため、畑では酢に混ぜた銅の散布を行っていました。ひとつひとつがとても興味深くためになる、ぶどう畑の訪問です!
[PR]

by lavitaelevitiasti | 2013-06-09 06:22 | 大好きな友だちのぶどう畑  

<< 色も鮮やか、ズッキーニの花! あたりまえの、誠実さ >>