地下のバザールのような店!?

Astiで引っ越しの機会を得て、1週間ほどで30もの不動産屋さんをめぐりました。決して大きな街ではありませんが、調べてみれば、あるものです!本当に片っ端から訪ね歩いたこともあり、引っ越し前にずいぶんと隅々までこの街を知ることになりましたし、思いがけずずいぶんと不動産業界に顔見知りができました!最終的に部屋を決めた後、頂いた名刺を並べて「GRAZIE!」の文字を作り、すべての不動産屋さんに宛て感謝状を送った日から、もうずいぶんと経ったように感じます。先日、通りすがりの男性(おじさん‥おじいさん!?)が振り返って声を掛けてくれました。「やっぱり君だったか!‥あのコか?、違うコか?って気になったもんでね!」そう、この人もまた、親身になってくださった不動産屋さんのひとり!最終的にはベッドや洗濯機のある、唯一かつ最高の部屋と出会って決めた訳ですが、「食器類って、どこで揃えたらいいですかね?」と尋ねると、「この近くにね、地下のバザールのような店があるんだよ」とのこと、半信半疑で訪ねると、ありました、ありました!新生活一式をそろえたこともあり、こちらでもすっかり店主と親しくなって、先日は“長めに熟成した赤ワインを空気に触れさせ、目覚めさせるための道具”である「デカンタ」を求めに再び訪ねました。こちらの友人はもちろん、店主自ら「知る人ぞ、知る店!」と言う、謎のこの店は、ワイン貯蔵庫:カンティーナの香り漂う、まるで宝探しのような楽しいお店!ホント、『たんけんぼくのまち』が大好きだった私には、もってこい(!?)な、Astiです!
[PR]

by lavitaelevitiasti | 2013-06-15 05:49 | 街歩き&お店(記述日現在)  

<< この陽射し、暑さが大事! 色も鮮やか、ズッキーニの花! >>