土曜日の食卓

大好きなコスティリオーレ・ド・アスティでは、去年からシリーズで「食と健康」にまつわる講演会が開かれている。講師は、近郊の町出身の博士。イータリーから出版された、ものすご分厚い著書の出版記念を兼ねて始まったもののようだ。

土曜の夜だから、行けたとしてもアスティへ戻る足が無いなぁ・・ その前に、そもそもこんなおもしろい講演会が開かれていたとも知らずに、ひと月ほど過ごしていた。

e0320430_17211610.jpg

たしか、あれは去年の11月だったか、12月だったか・・ 今ではすっかり私の伯父さんの様な存在になっている、友だちのお兄さんから、「まさえも興味があると思う。帰りは心配しなくていいから、連れて行くよ!」と連絡をいただいたのだ。

「それは、ぜひ行きたーい!」とふたつ返事で答えたところ、さらに講演会当日にも改めてさそってくださったのだから、まことにありがたいこと!

フットワークの軽い人なのだろう、「弟経由で面倒を見ている」・・ そんな感覚では無いらしい。以前誰かに言われたように、「親せきの子です!」くらいの感覚で、生まれは日本にせよ、親子ほどの年の差があるから「話題が合わないこともあるよね」程度の話で、何にも気にせず、とても良くしてくださるのだから、本当にこころ優しい伯父さんなのだ。

先週土曜は、今年最後の講演会。いつものように8時をまわってから伯父さんの元を訪ねると、ドアの向こうには食卓を囲む伯父さんはもちろん、(友だちの息子さんである、こちらもまた私の)友だちと、そのお母さんの姿も。


e0320430_17241277.jpg

暖炉の温かさに包まれ、「夕飯、一緒にどう?まだでしょ?」と、食卓へと招いてくださった。「ここまでは、バス?」と、友だちのお母さん。みんなのいつもの会話がつづくなか、ふと伯父さんが「まさえは、免許に合格したんだよ!」と。

「あれー、ついに!」 「良かったねー!」

個々に伝えていた話が、土曜の食卓で一気につながった!
信頼して、応援してくれる人たちがいる! 本当にうれしいことです!

[PR]

by lavitaelevitiasti | 2014-12-04 20:25 | 土地柄・人柄  

<< 本当に、シンプル! Serendipita'... >>