RAMEN BOY, Bravissimo Luca !

e0320430_07472134.jpg

アスティから高速道路を利用して、約1時間。ピエモンテ州都トリノへ、ラーメン・ツアー!
日本育ちの私がまったくついていけないほど、幼い頃から日本のアニメや漫画に親しんできたと言うイタリアの友は、映画『ラーメン・ガール』を観て以来、すっかりラーメンに夢中みたい。私自身は観たことねーので分かりませんが、とにかくラーメンの奥深い世界にみんな、興味津々です!

袋入りの乾麺は、みんな試したことがありようで、「ならば!」とウワサに聞いたトリノの店へとツアーをオーガナイズ!各方面の友だちが、この日を心待ちにしていました!

ショーペロ(ストライキ)があったこともあり、ものすごい渋滞で、予約時間に遅れること30分。申し訳ない―!と席に着き、ワイワイ始めたところで、まさかのー「え・・ わたし、ベジタリアンなので、こういうのはちょっと・・」

おやおや?袋麺はOKだったのに?・・ピザ屋に行こうか・・的な空気をなだめ、まずは他の人のラーメンを試食するよう勧めます。唐揚げや餃子を試食する中、お茶をすする友だち・・

「私もベジタリアンだけど、ここの食べれるのよ。もう3回目!」と、助け船を出すもうひとりの友だち。店の人も「しょうゆ味なら行けるって人、結構多いの。」
枝豆を追加して、友だちのお腹を少しでも満たします。

「えっ、なにコレ―! わたしにも、しょうゆラーメンください!」
チャーシュー以外、スープも飲み干すこの気に入りっぷりは、なんだ!?美味しいからだ!

トリノでラーメン屋を開くイタリア人、ルカさんは、さて、どこで修業したのでしょう?

お店にやって来る日本人客を見つけては、味の向上のためアドバイスを求めるのだと言います。情熱あってこそのラーメン修行。とーっても美味しくて、みんな大満足!

「アスティなら競合にならないから、ラーメン屋出してもいいよ!」
郷土パスタ、細麺タヤリンの腕を磨いて、私もピエモンテ・ラーメンはじめるか!

最後は熱燗をおごってもらい、再びカンパーイ!みんなで温ったかーくなりました!
P.S. それから店を出て、深夜の街で小一時間もおしゃべり。気温0度でーす!

[PR]

by lavitaelevitiasti | 2014-12-12 22:42 | 街歩き&お店(記述日現在)  

<< みんなやさしい 大切ないのちを預かる仕事 >>