EVERYBODY LOVES YOU !!!

アスティの北側を走る丘陵「モンフェッラート」。その日当たりの良い斜面の一角には、かつて、ぶどう畑がありました。非常に良い畑だったので、ぶどう栽培の研究をしていた私の友だちは度々足を運び、栽培家と共同作業のようにリサーチを行っていたと言います。それは、70年代のこと。


e0320430_07462069.jpg

そんな日当たりの良い畑をオリーヴに植え替えたのには、いくつか理由がありました。このオリーヴの林を、中心となって維持管理する息子さんと歩くのと、ぶどう栽培から手掛けてきたそのお父さんと歩くのと。それぞれ聞かせてもらう話から、それぞれが抱く「この地への思い」が伝わって来るのでした。

e0320430_08051358.jpg

ひとつの丘でも、水の流れが集まる場所など、個性があります。それを知っていたからこそ、土地を最大限に利用して、この地に合ったぶどう品種を栽培してきました。

丘に降り注ぐこの日当たりの良さが、この畑のいちばんの個性。
しかしそれは「周囲の畑と収穫時季の足並みそろわない」理由であり、土地の個性が活かされないのなら、いっそオリーヴ栽培へと転換をはかって・・

なぜ「周囲との足並み」が問われたのか?
それは、ぜひこの地を訪れ、このご家族から直接伺ってみてください。私は大好きなこのアスティに、もっと多くの方が足を運ばれ、豊かな文化に触れてほしいなと思っています。

e0320430_08281544.jpg

今日このオリーヴの林でご一緒したのは、あの「ぶどう栽培研究」に携わってきた友だちと、それぞれが友情を育んで来た旧友&心友ばかり。

みんな彼が大好きだから、忙しく飛び回る彼との再会を誰もが心待ちにしているのです。最後にみんなで記念撮影。さっそく友だちの元へと届けました。彼と言うすばらしい人柄を通して、すてきな人の和と輪がつながって行く。類は友を呼ぶのですね。
GRAZIE MILLE, EVERYBODY LOVES YOU !!!

[PR]

by lavitaelevitiasti | 2015-01-14 20:45 | 土地柄・人柄  

<< 5月のアスティ、旅行にプラス! コスティリオーレ・ド・アスティ... >>