日暮れは、いつ??

ぶどう畑広がる丘の町:コスティリオーレ・ド・アスティは、午後8時をまわっても燦燦と太陽が降り注いているのでした!



e0320430_07254731.jpg


久々のアスティの朝市。農家直営の屋台では、旬のいちごや野生のアスパラなどが並んでいる。

数ある屋台の中でも、通っているのは大人気の店。偶然この店にたどりついて、2年になる。順番を待っていると、「どこから来たの?」と声を掛けられた。「日本ですよ」と答えるや否や、「そうだと思った!で、日本のどこ? ・・ あぁ、千葉”県”ね!」

10年日本に滞在していたと言うご夫婦は、つづけて「アスティの図書館で良く見かける日本のコがいるって友だちが言ってたけど、もしかして・・」
出会いは、いつもこんな感じに訪れる!

・ ・ ・

午後からはコスティリオーレの新居へと向かい、掃除を続ける。気温が上がり、新緑を背景に舞うポプラの綿毛を見ていた。

先週に引き続き市場で若いソラマメを手に入れたので、サラミを求めてお肉屋さんへ。土曜の夜、8時を回ってなお明るい丘の町。サングラスを掛けてアスティへと戻った。

[PR]

by lavitaelevitiasti | 2015-05-09 20:07 | Costigliole d'Asti!  

<< ひなげしの咲く頃 コスティリオーレは、夜の7時半! >>